モテる男になる情報が満載!コレであなたもモテ期到来だ!

モテナビ

モテる男の色々

女性にモテるlineの内容と頻度を公開!モテない男のlineの特徴はコレ!

投稿日:

今の時代、lineでのやり取りは当たり前。ここにもモテる男とモテない男が出てしまう。実は私は、結婚後にlineが普及したから、モテる為にlineと言うのを使ったことが無いんです。そういう訳で、好感のモテるlineと、絶対に返信しないlineの内容と頻度を、実際に女性から聞いてきました。もしあなたに、line既読スルーが多いなら「モテない男のline」の特徴と合っているかもしれないから、チェックしてみて下さいね。

 

女性にモテるlineはこれ

内容

まず、内容。ダントツで人気のあった内容は「挨拶や、ちょっとした今日の楽しい出来事」を送ってくれる人。次いで人気だったのが、楽しい内容のline。どちらも共通するのが、相手が楽しめるlineと言うことですね。確かに真面目すぎるとか、重たい内容のlineはつまらないし、返信しづらいですからね。1度、自分が送ったlineの内容を見直してみるのを良いかもね。

 

女性に嫌われるlineはこれ

モテるlineの内容は上の通り。逆に嫌われるlineの内容がこれ。嫌われる方の話になると、みんな出てくる出てくる(笑)。結構、入るのかもね嫌いなlineを送ってくる奴。まー、内容を見てみましょう。

 

愚痴や自慢話ばかりのline

そのまんま。こんな話をされても面白くもないし、最高につまらないよね。みんなスルーだって言ってたよ。なので、「自分の話」は控えましょう。

 

独りよがりなline

まー、これも上と同じ様な感じ。日記みたいな話をしてきたり、突然「何してる?」とか。自分本位なlineですね。返信に困る内容を送ってくる奴です。

 

スルーしてるのに何度も送ってくる奴

女性から言わせると「もう!、ちょっとは察してよね!」と怒ってらっしゃいました(笑)これのキーポイントは「返信してないのに」ってのがあります。返信してくるものには、それ程問題が無いみたいなんですけど、あなたが一方的に送っておいて、返信が無いから何度も送る。こんなのは嫌われます^^;。少しは相手の事を考えましょうね。

 

絵文字やスタンプが多い奴

理由は良くわからないけど、嫌われてます(笑)これは多用しないほうが良いでしょう。ちなみに、多用ですからね。中には、「状況に合わせてスタンプとかを送ってもらうと、気を使ってくれて嬉しい」と言う声もありましたから。なので、あくまでも多用です。

 

と、こんな感じのlineが嫌われる内容です。これだけを冷静に見ると「当たり前だろ」と思うんだけど、女性に免疫のないあなたの場合、lineが出来る喜びに我を見失ってませんか?そうなると、嫌われるlineを送ってる可能性があるから気をつけて下さいね。

 

女性にモテるlineの頻度

一応、これもお伝えしておきますね。初めて会う女性にどの位の頻度でlineを送って良いのかは、たぶん誰もが悩むと思うので。ただ、あくまでも聞いてみた女性たちの声ですからね。あなたの女性の性格とかも考慮してくださいね。

 

好感が持たれる頻度は

聞いた女性たちは、「1日に1・2回くらい」だと嬉しいようです。多くても「1日に2・3回くらい」と。なので、1日に送るlineは、多くても3回が上限ですね。朝・昼・晩の挨拶と、ちょっとした会話くらいがちょうど良いらしいですよ。もっと言うと、昼は要らない位らしいです。まー、そんなもんでしょうね。

 

まとめ

女性にモテるlineを送りたいなら、1日送るのは1・2回が好感持たれる。内容も、相手が楽しめるものを少し混ぜた、挨拶程度のすっきりしたものの方が良いらしい。と言う結果になりました。lineとかメールって相手が見えないから難しいけど、だから簡単にまとめた方が良いんですね。私が愛読しているブログの「女性にドンビキされる?デート前にLINEで送ってはいけない5つのミス」と言う記事に、同じ様な事がわかりやすく書いてあったから、こちらもぜひ読んでみてください。このブログ笑っちゃうから。

 

今の時代、Lineは絶対に欠かせない連絡ツール!そんなLineで「返信が1度も無いんだけど・・・」と悩んでいたらモテる事は出来ない。
だったらモテている人のLineを真似しちゃえば良い。そんなモテるLineの仕方を惜しげも無く出しているのが、このLineテンプレート!
これを真似れば、あなたもLineでモテモテになれるはず!「モテたい」と思うなら、ぜひこのテンプレートを手に取ってみて!

 

 

-モテる男の色々
-, , , , ,

Copyright© モテナビ , 2018 All Rights Reserved.